加工技術

縫製技術(ケービー産業株式会社)

工業用ミシン、高周波ウェルダー、熱風・熱板溶着機、超音波溶着機、大型自動裁断機など多数の機械を所有しております。スクリーン印刷、アルミ成型品の組み立て、パッケージング等の末端コンシューマー向製品への仕上加工まで行います。

高周波溶着加工

電極間で高周波を当てることにより、分子運動を活発にし内部発熱により樹脂を溶融させ、金型で圧着し溶着させます。

テーブル型高周波ウェルダ

テーブル型高周波ウェルダ

凸型高周波ウェルダー

凸型高周波ウェルダー

懸架型高周波ウェルダー

懸架型高周波ウェルダー

大型高周波ウェルダー

大型高周波ウェルダー

熱風溶着加工

外部から被着物シート間に熱風を当てて、樹脂表面を吹きつけ溶融させ、ロール間で圧着し溶着させる溶着です。 溶着面に直接熱風を吹き付けるため、被着物の厚みの影響を受け難い利点が有ります。 高周波溶着で加工しにくいオレフィン素材の加工も可能です。また、他の溶着方法では困難な曲線的な加工も可能です。細かな溶着作業も可能です

固定式熱風機

固定式熱風機

バリアント型ライスター

バリアント型ライスター

トリアック型ライスター

トリアック型ライスター

熱板溶着加工

外部の熱板熱源から被着物シート外側を加熱し、樹脂表面を溶融させ、ロール間で圧着し溶着させる溶着です。 熱風溶着と同様に高周波溶着で加工し難い素材の溶着が可能です。

熱板溶着機

熱板溶着機

機械自走式熱コテ溶着機

機械自走式熱コテ溶着機

パフ式溶着機

パフ式溶着機

超音波溶着加工

電極間で高周波を当てることにより、分子運動を活発にし内部発熱により樹脂を溶融させ、金型で圧着し溶着させます。

超音波ミシン

超音波ミシン

ミシン縫製

本縫い

本縫い

二重環縫い

二重環縫い

オーバロック式ミシン

オーバロック式ミシン

裁断

自動裁断

自動裁断

手動裁断

手動裁断

ハトメ打ち

機械打ち

機械打ち

手打

手打

印刷

大型プリンターにより、自在に印刷用スクリーンを自社で作成し印刷までできます。
PVCインク印刷       フレキシブルコンテナバッグ
オレフィン系インク印刷  各種シート 袋物

複合部材組立

キャンバス+成型品組立

キャンバス+成型品組立

エアー洗浄

フレコン用自動洗浄

フレコン用自動洗浄

テーブル型高周波ウェルダ

主に平面的構成物にするための溶着加工を行う。
小さなパーツの溶着も可能です。
双頭式で効率よく作業が可能です。

凸型高周波ウェルダー

主に立体的構成物にするための溶着加工に適しています。

懸架型高周波ウェルダー

懸架式なので幅継ぎによる大型シートの加工も可能です。

大型高周波ウェルダー

2台の下定盤を交互に溶着ができる大型(高出力)高周波ウェルダーです。
片方の定盤で溶着準備をしている間に、もう片方の定盤で溶着ができ、停止ロスを少なくし溶着作業を行うことができます。

固定式熱風機

連続的に一定の速度で安定した溶着が可能です。
アームがあるため立体的な溶着や曲線的な溶着もできる利点が有ります。

バリアント型ライスター

型のシートでも機械が自走し巾継ぎ溶着が可能です。

トリアック型ライスター

ハンディータイプでは自走式ではできないような細かな溶着作業も可能です。

熱板溶着機

上下に設置したエンドレスベルトの間に被加熱物を挿入し、加熱・加圧・冷却の連続的な溶着が行えます。

機械自走式熱コテ溶着機

トライアド式溶着機
熱コテ式で自走式を可能にした溶着機です。

パフ式溶着機

電熱式のコテをシートの間にはさみ、シートの表面を加熱し、自走しながらローラー圧着する溶着機で

超音波ミシン

電極間で超音波を当てることにより、分子摩擦を活性化し内部発熱により樹脂を溶融させ、金型で圧着し溶着させます。

本縫い

広く一般的に用いられている縫い方で、「縫い目の表裏が同じ」、「構成が1縫い目ごとに独立」しています。
主な適用素材は、PVC・EVA・PP・ポリ乳酸(生分解)・PE・ガラス繊維・アラミド系繊維・炭素繊維のターポリン、帆布、メッシュシート

二重環縫い

上糸とルーパーとが互いに交錯して縫う方式で、二重に上糸と交錯しているために、糸が切れた場合でも単環縫いよりほどけ難くなっています。

オーバロック式ミシン

シート端部からのほつれ防止するために、ループを作って縁部をかがりながら縫うミシンです。

自動裁断

自動延反機及び自動裁断機を使用した多様な曲線裁断が可能です。
プレス抜きによる小物の打ち抜き裁断も可能です。

手動裁断

裁断場
広い裁断場と縫製場を備え、大型の縫製品に対応できます。

機械打ち

自動ハトメ打ち機
シートに穴をあけながらハトメを両側から自動的にセットし、ハトメを圧着します。
ハトメ(アイレット)#25、#28、#4
グロメットハトメ(刃付座金)

手打

手打ちハトメ
人手によりハンマーで圧着し打つハトメです。
アイレット(ハトメ)、グロメット等。
各種ハトメに対応できます。

キャンバス+成型品組立

フレコン用自動洗浄

フレキシブルコンテナの内部に強力なエアー吹きつけ、吐き出しを繰り返し行うことにより、エアー洗浄ができます。

テーブル型高周波ウェルダ

主に平面的構成物にするための溶着加工を行う。
小さなパーツの溶着も可能です。
双頭式で効率よく作業が可能です。

凸型高周波ウェルダー

主に立体的構成物にするための溶着加工に適しています。

懸架型高周波ウェルダー

懸架式なので幅継ぎによる大型シートの加工も可能です。

大型高周波ウェルダー

2台の下定盤を交互に溶着ができる大型(高出力)高周波ウェルダーです。
片方の定盤で溶着準備をしている間に、もう片方の定盤で溶着ができ、停止ロスを少なくし溶着作業を行うことができます。

固定式熱風機

連続的に一定の速度で安定した溶着が可能です。
アームがあるため立体的な溶着や曲線的な溶着もできる利点が有ります。

バリアント型ライスター

型のシートでも機械が自走し巾継ぎ溶着が可能です。

トリアック型ライスター

ハンディータイプでは自走式ではできないような細かな溶着作業も可能です。

熱板溶着機

上下に設置したエンドレスベルトの間に被加熱物を挿入し、加熱・加圧・冷却の連続的な溶着が行えます。

機械自走式熱コテ溶着機

トライアド式溶着機
熱コテ式で自走式を可能にした溶着機です。

パフ式溶着機

電熱式のコテをシートの間にはさみ、シートの表面を加熱し、自走しながらローラー圧着する溶着機で

超音波ミシン

電極間で超音波を当てることにより、分子摩擦を活性化し内部発熱により樹脂を溶融させ、金型で圧着し溶着させます。

本縫い

広く一般的に用いられている縫い方で、「縫い目の表裏が同じ」、「構成が1縫い目ごとに独立」しています。
主な適用素材は、PVC・EVA・PP・ポリ乳酸(生分解)・PE・ガラス繊維・アラミド系繊維・炭素繊維のターポリン、帆布、メッシュシート

二重環縫い

上糸とルーパーとが互いに交錯して縫う方式で、二重に上糸と交錯しているために、糸が切れた場合でも単環縫いよりほどけ難くなっています。

オーバロック式ミシン

シート端部からのほつれ防止するために、ループを作って縁部をかがりながら縫うミシンです。

自動裁断

自動延反機及び自動裁断機を使用した多様な曲線裁断が可能です。
プレス抜きによる小物の打ち抜き裁断も可能です。

手動裁断

裁断場
広い裁断場と縫製場を備え、大型の縫製品に対応できます。

機械打ち

自動ハトメ打ち機
シートに穴をあけながらハトメを両側から自動的にセットし、ハトメを圧着します。
ハトメ(アイレット)#25、#28、#4
グロメットハトメ(刃付座金)

手打

手打ちハトメ
人手によりハンマーで圧着し打つハトメです。
アイレット(ハトメ)、グロメット等。
各種ハトメに対応できます。

キャンバス+成型品組立

フレコン用自動洗浄

フレキシブルコンテナの内部に強力なエアー吹きつけ、吐き出しを繰り返し行うことにより、エアー洗浄ができます。

↑ページトップへ